製品紹介

トップページ > 製品紹介 > VeriQ カラードップラー

VeriQ カラードップラー

[Title] VeriQ カラードップラーなら冠血管が見えます。

 

超小型プローブヘッド

超小型プローブヘッド

超小型のハウジングに、128個,ビームライン数256のエレメントを0.12mm間隔で装着しています。このため、小型ながら鮮明な画像が描出されます。手指と手指の間に安定して装着できるデザインのため、心臓の背側を走行する冠動脈も探索可能です。

 

血流方向を赤・青で表示

血流方向

Veri-QCの「2次元モード」の画像表示は、血管造影に最適になるように調整されているので、冠動脈やグラフトのエッジや血管内プラークまで鮮やかに描出されます。

  また、「カラーモード」では血流方向を視覚的に確認できます。グラフト内で血流障害が生じている場合は、正方向と負方向の流れが混在します。グラフト設置後、グラフトが医師の意図する通り機能しているか否かを確認するため、Veri-QCでは、グラフト内の血流方向を赤・青の色で区別して表示させることができます。

 

血液量を黄色で表示

血液量

Veri-QCの「パワーモード」では、血液量を視覚的に確認できます。このモードでは発振した超音波からの反射量を画像化しています。したがって、血液(赤血球)が多い場合には輝度が高くなり、少ない場合には輝度が低くなります。

 

ページトップへ戻る