製品紹介

トップページ > 製品紹介 > カーディオメド超音波トランジットタイム/ ドップラー血流量計

カーディオメド超音波トランジットタイム/ ドップラー血流量計

 Veri-Qは、血管グラフト手術のクオリティーを高めます。

[Searching]

<x-ploreプローブでの探索>

x-plore

 グラフト設置の位置を決定するためには、ネーティブの冠動脈における狭窄位置と狭窄の程度を前もって熟知しておく必要があります。

 このとき、×-ploreをプローブ用いて、対象領域全体を探索します。プローブが血流のある血管の上を通過すれば、血流速度が検出されます。動脈には拍動パターンがあるため、連続的で低流速の静脈血流と容易に見分けられます。さらに×-Ploreブローブでは、検出した血管の深度を評価することができます。

 

[Detecting]

冠動脈狭窄部を特定するためには、×-ploreプローブを動脈の走行に沿わせて動かし、流速が増大する箇所を検出します。狭窄の度合いが強いほど、血流速も増大します。

 

 

[Verification]

verification

QuickFitプローブ・シリーズを使用すれば、バイパスグラフトの完成後に開存性の検証や血流量の測定を行うことができます。

 グラフトが開存していれば、Veri-Qは、高い拡張期充満率(DF)と低い拍動指数(PI)を示します。グラフトの完成度を評価する上で、流量の少ない領域、スパズム、グラフトの欠陥を識別できることは重要です。またこのとき、×-Ploreプローブを用いれば、グラフトの血流に影響を及ぼすような競合性または逆行性血流を発見することができます。

 

 

ページトップへ戻る